スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹林のイギリス人をみて

かねてから思っていた
髪を少し切って眉を少し整えれば劇的に印象が変わりそうなのに
というアーサーに対する妥協案を落書いて起こしてみようとした形跡
名 名2
作中最も選民傾向が強そう。すごく厄介な感じ。
顔は整っているけど笑うと若干品性がなくなるというか
意地の悪そうな笑顔を作るイメージがあります。
爽やかに笑うアルフレドや華やかに笑うフランシスとは
まったく異質の笑み。紳士的な装いと豊富な語彙で
カバーしているつもりかもしれないが野蛮な過去の凶行が
表情に滲み出ている男。そういう偏見が根付きつつあるので
冷静な視点を持ち組織を動かす発言力を持ったアーサーを
同人誌で見たいところです。作家の皆様宜しくおねがいします。
えっ違うすきですよ彼。最近少しずつイギリス史を探ってますし。
長い歴史ある王室が現存する国って少ないので興味はあります。
一番好きなドイツ史にもイギリス王家はかなり絡んでいるので
知識を繋げていきたいと考えています。何の役にも立ちませんが。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。