スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お兄様の戦闘機講習

お正月のよみものとして出すつもりが遅れましたが
戦闘機が好きすぎて去年からオークションにはりついてこつこつ集めた
プラモが完成しました。コレクションしやすいのでスケールは1/144に統一。
半完成品を組み立てて接着しデカールを貼り(鉤十字は取り寄せ)
磨いて塗り足して墨入れしただけなんですがパーツがピンセットでも
持てないくらい小さいもんだからえらい時間がかかってしまった…
企画としてこれらをワンコインどもに紹介して頂きます。
ワンコインの台座もあの柄の入った台座と頭からはみ出る棒が
微妙に邪魔だったのでアクリル板を頑張ってカットした自作です笑
一部独軍機の尾翼デカールが可動部にかかってますがこれ以上小さいのが
なかったので見逃して下さい。Bf109Fははみ出して貼れなかった。
塗料をムダに揃えてしまったついででワンコインも一部上塗りしました。
ハンバーガーに肉を挟んであげたりボタンやタイを塗ったりです。
000000
連日Twitterで製作記を見せられていた方々お疲れ様でした^^
しかし次は1/72を最初から作りたいとたくらんでいる…
以下WW2までの軍用機に興味のある方のみどうぞ。
※マニアックではないにしろ長い
00001.jpg
普「まずは空に騎士道があると言われたドイツ帝国機から説明する。
  最初に説明しておくとDはドッペルデッカー(二葉機)、
  Drがドライデッカー(三葉機)、Eはアインデッカー(単葉機)を示す。
00002.jpg
  WW1で運用された順序としてはフォッカーE→アルバトロスDⅠⅡⅢⅤ→
  フォッカーDrⅠ→フォッカーDⅦとなるから、このアルバトロスDⅢは
  1917年頃運用されたもので80機を葬った撃墜王リヒトホーフェンがそのスコアの
  殆どを出した機だ。奴の機体は赤が入ってて派手だろ(小鳥が乗ってるほうだ)
  通称レッドバロンだからなあ。撃墜した機体の破片をコレクションしていた話の
  影響もあってか戦闘中毒者と言うやつも多かったが、そのくらいの度胸がないと
  生き残れない時代なんだよ。何せ当時はパラシュートなんて存在しないから
  ベイルアウトという選択肢はない。戦争神経症?そんな奴は即座に死ぬぜ…
ger19.jpg
  我が軍の複葉機は高い機動力が最大の強みだ。
  この絵画に描かれているのはフォッカーDrだが、三枚の厚い翼はその為にある。
  180度回転して迎撃する複葉機なんて俺んとこくらいにしかなかったんじゃないか?」

英「で、そんな凶悪なドイツ機を相手に我がRoyalAirForceが
  果敢に戦ったのがこのソッピースキャメルだ。
00003.jpg
00004.jpg
  ドイツは翼を3枚だか4枚にしちまってたが、視界が悪くて仕方ねえだろあんなの!
  キャメルの視界は抜群だぜ。だがまあこいつはSE5やドルフィンと比べると玄人向の機体で
  癖があってな…イギリスで最多撃墜数を誇る機体ではあるんだがよく制御不能になるから
  "キャメルに乗ると、ビクトリア十字(勲章授与)・赤十字(病院送り)・木製十字(墓送り)の
  どれかになる"っつうジョークがな…ど、どんな時もユーモアを忘れないのが英国人だ!
  ちなみに"スヌーピー"が乗ってる機体はコレだぞ」

仏「あら?てっきりWW1最強と言われるフォッカーDⅦあたり出してくると思ってたんだケド。
  俺だって航空機開発は負けてなかったのよ~ドイツのアルバトロスやファルツだって
  うちのニューポールに影響受けて作られてるし。前方射撃に初成功したのも俺なのよ!」
普「プロペラに板をつけて弾くなんて危険極まりない方法だけどな…」
独「そんな原始的な連合を尻目に同調装置を開発しフォッカーに採用したのが俺達だ」
00005.jpg
仏「ドイツでリヒトホーフェンの次にスコアが高かったのはウーデットだろ?
  そのウーデットと素敵な逸話を残しちゃってるフランスの後期主力機がこのスパッドよ~
  リヒトホーフェンに負けない人気があったのがこれに乗ったギンヌメールというエース。
  ウーデットと一対一になった時彼の機銃が壊れちゃってね。ギンヌメールは銃を叩く
  彼の姿を見てそれを察し、撃墜せず手を振って見逃したのさ。騎士道ねえ~」
00006.jpg

普「フランシスを黙らせる為にもWW2に話を移すぞ。
  独軍の戦闘機というとBf109メッサーシュミットを挙げるヤツが多いだろう。
  総生産数30000機ともいわれるからな。Bf109は大戦中AからKまで改良を重ねられた。
  バカスカ新型を作るんじゃなく改良を重ねて長く使う所がドイツらしいだろ?
  パイロットらはそれぞれドイツ人名の頭文字に当てはめ愛称で呼んでいた。
  A…Augustアウグスト B…Bertaベルタ C…Caserツェーザー
  D…Doraドーラ E…Emilエーミール そしてFはFriedrichまたはFritzだ!
00007.jpg
  こいつはBOBの主役E3だが、俺様の都合でFから出すぜ。

00008.jpg
  trop=トロピカル。カラーでぴんとくる奴がいるかもしれないが
  地上待機用の日除けや防塵フィルターを装備した熱帯地仕様の機体のことだ。
  東部のロシア戦線の機体は雪に合わせた白い冬季迷彩だろ。
00009.jpg
  アフリカの星マルセイユは知ってるな?天才的な操縦センスを持つエースだ。
  この黄14機番こそ奴の乗機。マルセイユのスコアは東部のエクスペルテンと比べると
  劣るように見えるが、ソ連の鈍機は100機落として一人前とか言われる難易度だった事を
  考えると西部で優秀なパイロットの多い連合機を相手にこのスコアをだしたマルセイユは
  凄腕と思わないか?10分で8機落とすとか並じゃない。そういやユグノーの末裔らしいな。
  昔の俺ん家は亡命だろうが何だろうが受け入れてたからな。懐かしい気風だ…

  愛称の続きだが、Gはグスタフだ。
  メッサーの中でもG型はアメリカのチート機に対抗する為に強力なエンジンに変わり
  でかいスピナーで一目瞭然だ。メッサー総生産数の7割を占め色んな戦線に送られた。
  バルバロッサ作戦とかな。G-6なんかはエース輩出部隊JG52出身者を数名含め
  名だたるパイロットらが愛用し、終戦直前までG-10 G-14とビルドアップしている。
00010.jpg
00011.jpg

  …まあGは実機が一番だsm5628393でも見とけ。いいエンジン音だ。
  続きだが、HはHeinrichハインリヒ、KはKurfürstクルフュルストだ。
  Kurfürstは選帝侯。プロイセン史を学んだ者なら何人か知ってるだろう。
  Kが作られる頃はもう対戦末期だから、最後の量産型だ。カーの次はエール…
  Lはルートヴィヒだったのに惜しい事だ…下はKのエーリヒ・ハルトマン機。
  撃墜数352機・ぶっちぎりのNO1エースだ。
00012.jpg
  ハルトマンは黒い悪魔と呼ばれていたが、その由来が機首まわりの黒いチューリップ模様。
  コクピット下のカラヤヘルツも奴の機体の象徴としてその価値を高める。
00013.jpg
  奴はパイロットとしての天性の素質があったが、指揮官としての素質もあった。
  僚機との連携を重視し部下を大切にしたんだ。新米のパイロットが入ると
  敵機が怖がって近づけねえように黒チューリップの機体を薦めたりな。
  バルクホルンとは親友で、スコアを競い合っていた。素晴らしい関係だ。

  Kといえば本土防空戦だが、その頃には制空権を連合軍に奪われてたから
  夜間迎撃機なんか造ってたわけだ…昼はアメリカ夜はイギリス…やれやれだぜ。
  ちなみにコレが夜間戦闘機Ta154V3だ。
00014.jpg
  歩兵時代は戦闘は昼間にやるモンだったろ。真っ暗の夜に空飛ぶとなると
  レーダー技術が必要だからな。だがWW2も後半になるとレーダーが発達し
  夜間飛行が可能になった。こいつみたいにプロペラ、要するにレシプロエンジンが
  複数ついてる機体を双発機という。日本の夜間戦闘機「月光」も双発機だ。
  夜間機に必須でta154にもあるアンテナは当時レーダー技術において最先端だった
  イギリスのを参考にしている。あいつはレーダー防衛とか暗号解読とか
  そういう情報系には強いからな…鬱陶しいが利用できるものはさせて貰うぜ。
  昔っから新型開発には犠牲が伴うがさすがにコレは事故が多すぎた。
  まあ連合に工場を爆撃されて悪い接着剤しか作れなくなったからなんだが…
  こいつはフォッケウルフ製だから次はその話だ。

00015.jpg
  Bf109と並ぶドイツの主力戦闘機がFw190フォッケウルフ。これはドーラだ。
  東プロイセンケーニヒスベルク出身のエクスペルテン・バルクホルンが乗ってたぜ。
  撃墜数が300を越えてんのはこいつとNO1のハルトマンだけだから覚えとけ。
00016.jpg
  エンジンを液冷に変えた(戻した)から機首が長い。その特徴から長鼻のドーラが愛称だ。
00017.jpg
  この不等号みたいな記号はシェブロンといって数や色で所属や階級を
  判断できるようになっている。ダブルシェブロンなら司令官機だ。

  実はBf109にも色々問題があった。簡単に言えば不安定だったわけだ。
  ドイツの戦闘機はフォッカーの頃から伝統的に操作難の不安定な機体が多いが、
  戦闘機ってのは安定させちまうと機動力が落ちるんだ。つまり素早い回避等ができない。
  いい戦闘機ってのはある程度不安定なもので、だからこそ操作センスを持った
  エースが生まれるんだ。腕のいいやつが生き残っていくのが戦場だ! ※兄の暴論です
  で、このFw190は元々Bf109を支援する為に作られた機体だ。BMWエンジンも登場した。
  しかし支援どころか上回る性能で、連合軍の新型機に押されるBf109を凌駕した。
  ただ、ハルトマンなんかもそうだがBf109を愛用し続けるエースは結構居たぞ。
  俗に言うエース専用機…つまり玄人向けで新人殺しって事だけどな。

  さあ…急降下爆撃機といえばこれという程有名なスツーカのお目見えだ。
  急降下爆撃は水平爆撃に比べ着弾誤差が無くピンポイントに目標を爆撃できる。
  アメリカみたいな物量チートの所は数撃ちゃ当たると言わんばかりに
  大量に爆弾を撒いて対処していたがドイツや日本はそうはいかねえしな。
  カノーネンフォーゲル・タンクバスター、すべてこのG型の通り名だ。
00018.jpg

00019.jpg
  この機体は800以上の戦車を破壊したスツーカの悪魔ことルーデル大佐の機体だ。
  対空砲が二本突き出てるだろ?37mmだぞ。普通はそんなもん二本もつけたら
  遅いわ不安定だわでマトモに操縦できない。もう一度言うが 対空砲 だ…
00021.jpg
  地面から空に撃つものを航空機に積んでやがるから戦車も豆腐みてーにふっとぶ。
00020.jpg
  スツーカの翼はW型でかっこいいだろ?逆ガル翼といって視界が良い。
  その翼が風を切る降下音は悪魔のサイレンと呼ばれ連合軍を震え上がらせた。

  ユンカースも開戦当初は持ち上げられたが当然古くなってくるし元々速度はおせーから
  イギリスのすばしっこいスピットの餌食で悲惨でよ~それでも軍部はユンカースの栄光に
  こだわって使いたがったもんだからG型から戦車破壊っつう役目を与えられたわけだ。
  ルーデルは一時期Fw190にも乗ってるが結局コイツに戻しているようだ。
  スツーカに乗る為に生まれてきたんだな。そりゃ世界に1つの勲章も貰うわけだ」

米「Hey君たち楽しそうだね!俺の戦闘機もかっこいいんだぞ!
  そもそも世界で初めて自由に空を飛んだのはヴァージニア州のライト兄弟だろう?
  彼らは偉大さ!風洞実験まで手作り機でやって航空機設計で一歩先をいってたんだ。
  つまり戦闘機開発はUSAがNO1☆!俺の家の軍用機というとB17とかB29を
  連想する人が多いかもしれないけど、あれは戦闘機じゃなくて爆撃機なんだぞ。
  戦う為というより爆弾を積む為にあるんだ。USの戦闘機といったら
  コレがMostFamousなんじゃないかな?
00022.jpg
  戦闘機のサラブレッドとか究極のレシプロ機って世界に認められているから
  聞いたことくらいはあるんじゃないかい?P-51は爆撃機を遠くまで
  Guardするために生まれたから最大で2500km航続できるんだ。
  これは連合軍で抜群NO1だったから日本のZEROが3000km飛ぶのは俺も驚いたよ~
00023.jpg
 D型はマスタング最高峰の火力で6門の機銃から弾丸を雨のように撃てるぞ。
00024.jpg

HAHAのってきたかい?もうひとつクールな機体を見せてあげるよ!
00025.jpg
俺のうちで最も多く作られたのはこのサンダーボルトだぞ。
00026.jpg
50口径の機関銃が8門もついてて爆弾だって1tは積めるしロケット弾も積めるくらい
武器搭載能力が高くパワフルなんだ!そして何といってもタフだから
Fw190が20mmを撃ち尽くすほど被弾して穴だらけになっても帰還できたんだぞ。
00027.jpg
そうそう、アメリカ機はここに撃墜マークを入れるんだ。HEROの証さ!」
00028.jpg
独「ドイツ機は尾翼に入れる。入りきらないパイロットが続出したがな」
0029.jpg

英「おい黙ってきいてたがP-51のロールスロイスマーリンエンジンは
  俺のスピットファイアのエンジンだろ自分のモノみたいに自慢しやがって。
  それとな、この流れだと複葉機イコールWW1時代のものと思われるかもしれないが
  我が英国の伝統と実績の海軍がWW2で運用するほど優秀だった複葉機を出させて貰う」
米「君んとこは古臭いだけなんだよ!」
00030.jpg
英「これは一応戦闘機じゃなくて雷撃機だ。
  雷撃機ってのは魚雷を投下して戦艦を撃沈する役目を持った艦上機のことだ。
  ドイツ海軍の戦艦ビスマルクは知ってるだろ?あれを撃沈するのに一役かったのが
  空母アークロイヤルに載っていたこのソードフィッシュだ。鉄血だか何だか知らねえが
  俺ん家の戦艦がビスマルクに真っ二つにされてえらい犠牲が出たからな…聖戦だ!

00031.jpg
  そして聖戦といえば歴史上最大数の航空機が空で戦ったバトルオブブリテン…

00032.jpg
  …待たせたな諸君。WW2の英軍機で最も名高いスーパーマリンスピットファイアだ。
  見ろ、この洗練された主翼の美しいフォルムを。素人にも一目で分かるほどエクセレントだ。
  この優雅な曲線を持った翼が優れた旋回能力を発揮した。鈍重なドイツ機は相手じゃねえ。
00033.jpg
  翼のラウンデルがまた美しいだろ。菊は「蛇の目」って呼んでたな。
  独軍機にバルケンクロイツがあるように、英軍機は赤と青の国籍マークが目印だ。
00034.jpg
  バトルオブブリテンはこの素晴らしいスピットファイアが悪しきドイツのメッサーを
  撃ち落としまくった大規模な航空戦だった。俺も900機を失ったがドイツなんか1600機!
  俺のレーダーをなめるなよクラウツ!水玉スカーフがトレードマークの
  ブライアン・レーンなどのエースが搭乗し…
00035.jpg



本当にここまで読んでくださった方お疲れ様でした^^
戦闘機に興味を持ちそして語って頂けるともっと嬉しいです^^

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
どうも、航空機関連の設計業務をしてる者です。こんなところでレシプロの詳細な解説に出会えるとは思っても見ませんでした。超感動しました。
ていうかこの量作るのは相当大変だったのでは…;お疲れ様です。でも並べたら壮観だろうなあ。
個人的にはやっぱスピットファイアが一番好きです。楕円翼万歳。
  • spitfirelove#-
  • URL
  • 2011.01.12(Wed)
  • Edit
私もこんなサイトで専業の方に評価して頂けるとは夢にも笑 これは歓迎!やっぱレシプロです~ドッグファイトとか机叩くほど興奮します。数は正直足りなくてキットさえあれば何十機でも揃えたいです!できればリペイントや改造も…スピットはMkⅤでなくBOBのMkⅠにこだわったんですが1/144だとこれしかなくw、しかもキャノピーがひどい状態で磨いても欠けてるんで風防枠描くのを諦めたんですよコレ……でも綺麗ですよねあの主翼。二つの大戦の間レースで競っていた中で到達したのがスピットだから登場時からスピードがあり洗練された形をしていると聞きました。実力派!
  • MJ#z8Ev11P6
  • URL
  • 2011.01.13(Thu)
  • Edit
はじめまして!!戦闘機ヲタなので楽しく拝読させていただきました。
メッサーと零戦と紫電改が大好きなので日本の戦闘機もいつか出してあげてくれるとうれしいです・・・

バトルオブブリテンでのメッサーのくだりは読んでて切なくなりますね。 
燃料の補給の関係で海上でのメッサーの実際の戦闘可能時間は正味40分程度が限界だったとか。

おそらく当時ドイツが零戦をもっていたらバトルオブブリテンの結末はまた変っていただろうと思うと。

歴史は非常です・・・
  • kobayashi#Xb9NgEVM
  • URL
  • 2011.01.15(Sat)
  • Edit
おお!また御一人レシプロファンが…!この過疎サイトで奇跡が笑
日本ではやっぱり帝国軍機の人気が高いですね~本田のワンコインがあれば零くらいは買ってたと思います(友達とトレードしたので持っていない)個人的に爆撃機に気になるものがいくつかあります。BOBに零…うーんドイツと日本では戦闘機運用に対する価値観が違うから(一撃離脱と格闘とか)独軍のやり方に合うかどうかと、やはり防弾面が極端に薄いのでレーダー網とスピットの武装に勝てるかどうかが気になりますね!当たらなければどうという事はないのかもしれませんが笑 零はそんな装備で常に紙一重の鬼気迫る戦いをしているのであって脆いからといって弱いわけではない!パイロットのセンスと度胸が問われるしDOKDOKIしますね^^本田と零キット欲しい!
  • MJ#z8Ev11P6
  • URL
  • 2011.01.15(Sat)
  • Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。