スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄さんはやくきてくれ

118.jpg
アンソロ期日が二件迫りつつある事と家の事情で非常に忙しい為
絵を描く時間がとれず半端に空く時間で麻雀ばっかやってまして
間に合わせる気がほとんどなかった兄の誕生日を今頃…ね!
ギルベルトの誕生日は戴冠という重圧から少し暗いイメージです。
国々が絶え間なく血を流す時代、自分もそれに成っていくのだから。
で冠が重そうに身を屈める構図にしたかったけど挫折した落書きです。
長く伏せていたプロイセンとしてのギルベルトが立ち上がる…
立ち上がったら膝は折らぬそれが兄の背負う覚悟である…
ロゴを入れて線の乱れから気を逸らす事すら失敗してますが
赤い文字の部分は19世紀初めのプロイセン国歌から抜粋しました。
強く寛大な国王よ我らを統治せよ、全てのプロイセン人の胸は
王の盾だという意味です。こっからラインの守りに繋がるたあ…!
攻める事より死守する事に視点を置いた歌が多いのが燃える。
西隣の国の国歌は今も敵を血祭りにあげろみたいな内容だけど笑
アンソロは西ロマと普墺を描く予定です両方わりと真面目な話を。
個人的に両方真面目な印象のカプだからギャグに逃げる事は許されない^^
兄さん…兄さんの御力添えが必要です…神聖なる力を…力を!
週末は第三回パリ会議に出席するので力を得て頑張ります。

以下お返事です
1/11>Wunderbar!!もう本当にいろいろ素晴らしすぎる模型~
やる気を出して頂けたなら15機も作った甲斐があるってもんです^^
兄のワンコインをあの頭身のまま輝かせる事に成功したとおもいます笑
勉強だなんてかたく考えず戦争映画とかドキュメンタリ観ると燃えますよ!!
やはり実機です…レシプロエンジンの音が一番闘士を掻き立てるのです…

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。