スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hessen!!



乗り遅れても兄一同には言及する!まだどんな人格か分からないけど
酒飲むと口が軽くなるとか飲まなくても軽いとかそういうプロイセンが
「あーだめだこいつプロ意識に欠ける」と呆れる要素が欲しい笑
全然違うキャラがくるかもしれないけど何にしても詳細期待!
twitterで敬語キャラって言われてたんですがあれ酔ってるし
まだ素のキャラは決められないではと思ってます。

しかしNYの首なし騎士伝説(髭の無骨な騎士は首を落としても
立ち上がり眼を光らせ殺しにくるというアレ)のモデルになったのが
ヘッセン傭兵であったことから、アメリカ独立軍兵士たちがいかに
ドイツ兵の士気の高さと獰猛さと狙撃の腕を恐れていたかが
わかるってもんですよね笑 なんたってドイツの兵隊は鍛え方が違う
逃げるやつは鞭打ち・隊列を乱すやつはサーベルで切り殺す!
恐怖を和らげるはずの鼓笛の音も歩く速さや装填のタイミングなどの
細かい指示が含まれており馬上から上級仕官が眼を光らせる戦列の中
まったく気が抜けない状況で鍛えられてきた猛者どもなのです…
ロイヤルガード()なんて甘っちょろいことは誰も考えていないよ!
そういう厳しい徴兵の結果どんな戦況にも動じない統制のとれた
戦列歩兵が完成したわけですが、もし当時幼いルートが存在し
兄たちにそんなもんを見せられていたとしたらその未熟な脳には
「規律を守らぬものには罰か死が与えられる」と深~~く刻み込まれ
トラウマになると同時に成人しても規則を守ることに余念がない
人格になったとしてもおかしくないとおもいました

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。