スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタブ直ったよ!

kyd.jpg
兄貴の戦地教育はかなり厳しいものだとおもいます。
私の中の兄はルートが幼くても見た目明らかな溺愛をする事はなく
10歳くらいの段階で戦場に連れ出して自分の背を見せています。
でも最初のうちはあまりに凄惨な殺戮なんかは見せないように
自分の帽子を突然贈呈して被せたりしてごまかす兄。この頃兄は
そうやって不健全なものに充分な注意を払って育てたはずの弟が
あらゆる暴力に耐性があり逸脱したDVDを集めるような男になろうとは
知る由も無かった。だがどんな戦況にあろうとも諦めず逆転を信じ
降伏しないことをルートが学び取ったのもこの時期であった。
兄は動揺する未熟なルートを見ると死にに行くような顔をするな
勝ちにいくんだよと叱り銃でごついたりして厳しくあたるも、
手持ちの食料をすべて与えたり(俺はさっき食ったとか嘘つき)
負傷した時も余計な心配をかけぬよう隠れて手当てしたり
疲れていても弟が眠っている間は根性で起きていたりで
優しい兄貴であった…兄のようであり父のようでもある態度。
その背景にはギルベルトの理想であるフリードリヒへの憧憬があった。
この頃兄は手塩にかけて育てたはずの弟が逸脱したDVD略

夏コミは朝から電車事故でとまってタクシーを拾うはめになり
軍資金も体力も大幅に削れてしまったので散々でしたが
墺受も仏受も買えたし新規開拓も成功したから良しとする…
だがひげさんのギルフラ本が1時間で売り切れたのは良しとできない為
本人に横からずっとクレームをつけ続けました。再版してくれるよ^^

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。